浅地達也(Tatsuya Asaji)
 
石川県金沢市出身、星稜高等学校卒業、洗足学園大学声楽科卒業、同専攻科・同オペラ研究所、同合唱音楽研究所修了。 
1995年、大分県民オペラのメンバーとしてイタリア・パルマ ・テアトロ・レージョでの原嘉壽子作曲「ペトロ岐部」公演に<寿庵ポルロ>で参加。1997年、横浜シティオペラ公演・ビゼー作曲「カルメン」の<モラレス>、2008年文化庁芸術団体人材育成支援事業・日本オペラ連盟人材育成公演 プッチーニ作曲「ジャンニ・スキッキ」<マルコ>で出演、好評を博す。
藤原歌劇団には1993年ヴェルディ作曲「アイーダ」より合唱部メンバーとして出演、以来20年に渡りバスパートを支えて来た。
2006年、新国立劇場合唱団に入団。「ドン・カルロ」の<フランドルの使者>で新国立劇場デビュー。新国立劇場では多数のオペラに合唱出演する傍ら、ツィンマーマン作曲「軍人たち」の日本初演において<3人の大尉>で出演、好評を博す。

最近の活動としては2016年9月 ジャパンオペラフェスティバル・ボローニャ歌劇場「トゥーランドット」に日本側合唱団バスパートリーダーとして参加。12月愛知県芸術劇場コンサートホールで開催されたセントラル愛知交響楽団、黛敏郎「涅槃交響曲」のバスソロを歌う、2017年4月にモスクワで開催されたロストロポーヴィチ国際フェスティバルに参加。7月に上海で開催された「アマデウス・ワールド・イン・コンサート」ワールドプレミエに参加、上海交響楽団と共演。9月 ジャパンオペラフェスティバル・ボローニャ歌劇場「椿姫」に日本側合唱団バスパートリーダーとして参加。


アンサンブル・ミリム主宰